News form Factory haru. things Japan national football team, and things fly fishing sometimes.
<< 2014W杯最終予選、オマーン戦 | main | New model >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 | - | -

2014W杯最終予選 オーストラリア戦

最終予選初めてのアウェー戦。日本、オーストラリアともに持ち味を出した好試合。ほんとうに面白い試合でしたよ、あのおっさん以外は。なんというか酷いとしか言いようが無いです。あのおっさん、アジアカップでもやらかしてましたし、前のW杯でもやらかしてました。そういう審判を使い続けるAFCに問題があるわけで、JFAはFIFAとAFCにオーストラリアと日本の連名で抗議を出すべきです。誰が主審やるか判っていたから当然酷いジャッジをする審判対策は勿論取ってたと思います。大体、やらかす審判はくせがあるからそれを踏まえてプレーするんですけど、ただこのおっさんはもうでたらめ。なので対策のしようがないですよ。
※補足:13日、オーストラリア戦の判定に対しJFAの原技術委員長がAFCに意見書を提出したそうです。

試合を決めるのは22人の選手。審判が試合を決めてはいけません。それも自分のミスで。ミリガンに出した1枚目のイエロー完全に忘れてましたね。うっち〜蹴られた時のミリガンに出した2枚目のイエローは1枚目だと思ってましたね。その証拠に、イエロー出したあと、そそくさと帰ろうとしてました。で、日本が2枚目だろとアピールして気が付きました。あとはご覧の通り、自分のミスを帳消しにする行為の連続泥沼地獄。アウェーの日本が点入れちゃったからこりゃこのままだとえらい事になるわい。で、うっち〜狙い撃ち。うっち〜の相手をかかえる行為は、そのまま引き倒すとかすればファール取られます。厳密に言うとファール行為になる可能性は高いですけど通常は取りません。今回もCK何回かあって日本もオーストラリアの選手も同じ事やってます。

最後は相手がオフサイドポジに気が付いて戻ろうとして栗原にぶつかったのに栗原にカードで退場させちゃう。ちなみに線審はオフサイドの旗揚げてました。それもスルー。とどめが、ロスタイムの3分過ぎてるのに、ファール取っちゃったのを途中で気が付いて、本田がFKで点入れちゃったらこれまたえらい事になるので、蹴る前に試合強制終了させちゃいました。

これだけお互いが自分達の持ち味を出して戦ってくれたんだから。引き分けでも、例え負けたとしても良いんです。よし今度は勝ってやるぞとモチベーションは下がりません。せっかくの良い試合を泥仕合にしやがって。

追記:ケーヒルだけ審判を上手く利用してました。当ったら大概すっころんでファール貰ってました。まともな審判なら逆にシミュ取られるんですが、それに当りついでに肘や足蹴りとかして狡猾です。肘入れや蹴りはダメですが、こういうしたたかさは日本も見習って欲しいですよ。

試合終わった直後、ケーヒル、本田に苦笑いしながら歩み寄って何やら話してました。「お互い、たまらん試合だったね」って感じでしょうか。速攻で本田とユニ交換もしてたし。あとオーストラリアの選手が次々本田と握手やハグしてましたね、ああいうシーンは良いです。

追記の追記:シュートの跳ね返りでのカウンターが恐かったのか?、シュート意識より確実にが勝ってしまったのか?、何が原因か判らないけど香川にしろ本田にしろ遠藤にしろ前が空いててミドルを打てるチャンスがかなりあった。ミドルを混ぜれば相手DFはそれを警戒して前につりだせるから、カウンター恐くてもどんどん打って欲しかった。それにあのピッチなら打ったあとバウンドが変わって何が起きるか判らないし。遠藤はちょっと攻撃のリズムをあまりに遅らせすぎの場面がけっこうあったよ。今回は判断がめちゃ遅かった。スタメン長谷部でなくて萌たん入れてくると思ったけど堅実ザックでした。オージー相手なら萌たん相性良いと思ったんだけどね。

21:42 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

 | - | -
 
こんにちは!
テレビで観てましたよ。なんか最後は酷かったですね?
でも、相手が減ってからの日本の方がよっぽど酷かったと思います。選手は苦笑いしてる場合じゃないと。
フランス予選のあのアウェイの過酷さを忘れてはいけません!
jets | 2012/06/18 16:46
どもjetsさん。
ペナ付近でのアイデア少なかったですね。
なので、せめてミドルは混ぜて欲しかったですよ。
一番の原因は、香川も岡崎も早くから中央に入りすぎていて、攻撃が真ん中付近でゴチャになってました。ザックがサイドにはれというのはこういうのを回避させるためで、香川カットインで空いたサイドスペースにホンディか長谷部が入り込んで、相手ボランチを引き出し中央を空けるとか、カットインの空いたところに長友走りこんでマイナスとか。でも、今回は香川は中寄りで勝負したいがあってサイドを上手く使えてなかったです(岡崎もそう)。あとは速攻かけれる場面でボランチからのパスが遅くて結局何時ものペースになったシーンも結構有り、あの場面は前3人で勝負を任せたほうが良かった。
でも一番の悪手はDFが下がり長谷部・遠藤との間合いが開いてセカンドボールをことごとく相手にかっさわれたのがダメでした。あそこは我慢してコンパクトにするか、長谷部・遠藤にきついけどきっちりDFやって欲しかったです。
lefty_haru | 2012/06/19 15:14

Comment









   
 

Trackback URL

http://hidarikikiryu.jugem.jp/trackback/266