News form Factory haru. things Japan national football team, and things fly fishing sometimes.
<< サーモン祭り | main | やめた〜。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 | - | -

サッカーデイ

8月22日は内容はともかくサッカー漬けの嬉しい1日だった。口火はA代表、日本対カメルーン。2-0で勝ったが、カメルーンのコンディションが非常に悪かったので50%の戦力と考えてみると、とりわけて凄かったとは言いにくい。それでもエトーの居るカメルーンに勝ったわけだからメンバーを入れ替えて臨んだ結果は上々と言うべきか。

良かったのはDF、それとFWの3人(達也、大久保、前田)。本職が1人入る事により、DFの要がしっかりしていた。トゥーリオもやたら前線に出ないで、しっかり本職をこなしていたのはgood。FWの3人はアグレッシブでかつ上手く動き、点には繋がらなかったが、今後の期待がすごく感じられる。やはり大久保や達也のような闘志が前面に出るタイプが入るとチームが引き締まる。

U22五輪予選は残念ながらこのままでは予選通過は赤信号。アジアカップでA代表がベトナムと対戦していたから戦略は立てられたはずなのに、はっきり言って「ノープラン」といいたくなる内容だった。反町監督の人選とメンバーのポジション選択に疑問を持つ。替える事が可能なら、ぜひ再考して欲しい。一番替えて欲しいのは監督ですけど。

U17は基礎体力作りからはじめて下さい。90分余裕で戦える体力とスピリッツが無ければ、どんなに優れたテクニックも無用の長物。真夏日が続いた甲子園で佐賀北高が優勝できたのは、徹底的な基礎体力作りと基本動作の反復によるもの。ヒールパスをする前にやることが山ほどあると思う。ぼけ〜っと突っ立ってる戦士は要らない。

追記:
FIFAクラブワールドカップに開催国枠が設けられた。これによりJ1の優勝チームが必ず参加できる事になる。恥ずかしいと思わないのだろうか。アジアチャンプにすらなれないJのクラブ。どんな顔をしてこの大会に出るのか?。それより川淵早く辞めてくれ。日本サッカー界を本当に思うなら。
16:36 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

 | - | -
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://hidarikikiryu.jugem.jp/trackback/18

Trackback

【U-17サッカーワールドカップ】フランスに負ける柿谷の50メートルのスーパーゴールも空しく、フランスに1-2で敗れてしまいました。何よりショックだったのは、日本が放ったシュートで枠を捉えたは唯一この1本だけだった事。例え決勝トーナメントに進出したとしても