News form Factory haru. things Japan national football team, and things fly fishing sometimes.
<< 独逸の仇はハノイで討つ。 | main | 天晴れ韓国 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 | - | -

シュートを打たなければ点は永遠に入らない

準決勝で敗退した日本。個人技に翻弄されてしまった日本。決め事を守りすぎた日本。前半からパス回しを狙われていたにもかかわらず、同じミスを何度も繰り返してしまった日本。パスを永遠に繰り返しても点は入らない。シュートを狙う意識が低すぎた。前のスペースが空いていても突っかけていかず、横パスをしてサイドに追い込まれてしまう。対するサウジは縦の意識を強く持ち、ガンガン突っかけていき日本の守りを崩していった。

一番良くなかったのは後半の立ち上がり。相手が攻めてくることは容易に想定できたはずなのに、日本はなんだかもったりした動きで、そこを見事に切り裂かれて失点を許した。試合が終わった後、やるせない思いが身体中に溢れかえっている。それにしてもシュートを打たない。俊輔、遠藤、啓太、ミドルを打てる機会が何度もあった。後半ロスタイム間際になって、ようやく打ち始めたが時既に遅し。魂を全身で表し、日本の得点をたたき出した中澤と阿倍のがんばりが無に帰してしまった。試合後、あの時打ってればと脳裏によぎったとしたら、それは凄く悲しい事だと思うぞ、俊輔。

試合終了後、ピッチに背を向けて悔しさをグッと押し殺していた中澤の姿が印象的でした。


次ぎは久し振りの韓国戦。選手を入れ替えるようだが、サッカーの3位決定戦てのはど〜にも解せない。オリンピックはメダルが3つあるから判るけど、それ以外は優勝と準優勝だけでいいんでないの。3位になれば予選免除の特典があるらしいが、そんなものは決勝戦に出られた2国だけでいいでしょ。韓国戦は選手のモチベーションがどの位あるかが鍵になると思う。控えとして今まで出られなかった分爆発してくれる事を期待したい。

オシム監督、みるみるやつれていった。あのジーコでも、やつれていったから、代表監督の重圧は相当なもんだと計り知れる。オシムさん大丈夫かな、なんとか任期までがんばって下さい。前の4年間でレベルが後退した日本にようやく光明がさし始めたばかりなんだから。

あ〜、でも、コンフェデ見たかったな〜、こんちくしょ〜。
13:22 | comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

 | - | -
 

Comment









   
 

Trackback URL

http://hidarikikiryu.jugem.jp/trackback/14

Trackback

日本はよく研究されてましたね~。まあ、しょうがないですね。次、もしW杯の予選で当たったら叩きのめしてやりましょう。 しかしサウジのツートップは巧かったなー。予選の時あんなのいましたっけ!?特にちっちゃいほう。足腰がホント強い。中澤背負ってクサビ
シュートを打ちなさい! | ルイの日記 | 2007/07/26 20:33